ようこそ。 ここはフリースキー、RCカー、チョコボスタリオンのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

サロモンのリッパーという板について。

rippa.png
左はK2のサイト179cm 右はサロモンのリッパー171cm

これからフリースキーを始める方へ
ウェブスポーツさんで取り扱っているサロモンのリッパーという板についてレビューします。
スレットと同等の性能のグローバルモデルだったかな。
チロリアのピーク11というビンディング込で39800円という安い板です。
しかし、そこはサロモン、安くてもきっちりと作られているのでご安心を。
というか並の板より頑丈な気がする。

スリーサイズですが
上から122/85/112
ノーズ部分がやや太くてテールは細いです。テールが抜けやすくしてある。
たわませると結構なカーブになるのでオンピステではかなり曲がりやすいのではないでしょうか。
板はかなり柔らかいですので踏むと簡単にしなって雪面に食い込みターン出来ます。
スピードを出すと多少バタつきますが気にならない程度です。
というかこれはそういうことする板ではないし;
フルキャンバーですのでフリーランもやりやすいし、ジャンプした時の着地時も接地面が多いので痛くありません。
そしてこの板はかなり軽いです。
キッカーで飛んだりジブで擦ったりでしたら問題なく出来ます。
だからこれからツインチップで何かやりたいのであればオススメの板ですね。
ただ、柔らかいので上級者の方には反発がなく、高く飛べないという方も居るかと。
僕は反発で飛ぶという感覚はまだ分かってないので違いが分かりません。
柔らかいというのがメリットでありデメリットです。
安い板のソールはしょぼい・・・と言われていますがスノーヴァ羽島や普通のスキー場で使った限りワックスさえきちんとしていれば問題ありません。
ノットワックスとの相性が良い・・・気がします。

~板の長さ~
キッカーで飛ぶのを考えている方へ。
板の長さは身長と同じ長さかそれより長いのを強くお勧めします。
着地時の衝撃は長い方が上手く逃げてくれますし、
長い板をクロスさせた方が綺麗に見えるからです。
キッカーで飛ぶ場合は見た目が格好良いことが大事だと思います。
勿論、目的によって敢えて短い板を選ぶこともあります。
日本人の平均身長に近い171cmを購入するのが無難かと思います。
身長より長くても格好良いと思いますので
俺は平均より下じゃ喧嘩売っとんのかゴルァって方も171cmで良いんじゃないかな?
身長±10cmくらいなら。
僕は最初161cm買って後悔して171cm買い直しました。
161cmはウォータージャンプで使い倒しています(まったく壊れない)

~ビンディングの取り付け位置~
これはかなり重要です。パークで遊ぶことを考えると
板のど真ん中かそこから-2cmをお勧めします。
メーカー推奨位置はもっと後ろですが無視で良いです。
というのもメーカー推奨位置につけても基礎板よりもだいぶ真ん中寄りにビンディングがきます。
はじめはテール踏んでしまうと思いますw
んで滑り心地自体が元々全然違うのでメーカー推奨位置でも板のど真ん中でも違和感は変わらないのです。
後ろ寄りの方が理論上滑りやすいようですが基礎板のようにはいきません。
以上の理由からパーク専用と割り切るのならど真ん中(ドセンター)で問題ありません。
僕は171cmの板でドセンターですが違和感なく滑ってます。
その前は161cmの-5.5cmでしたがフリーランはいまひとつ変わりませんでした。
取り付け位置は見映えにも影響します。
後ろに付け過ぎるとテール部分が短いのでテールグラブが格好悪くなったりクロスが綺麗に見えない等問題が出ます。
結局スタイル出すには見た目がかなり大事なんです。
おしゃれってことですね。
その中で少しでも滑走性を重視したい場合は板の真ん中から-2cmで良いと思います。
フリーラン中心ならそもそもこの板を買う必要性がぁってなりますし><

~ビンディングについて~
これがくせものです。
チロリアのピーク11というビンディングの評価はいまひとつ。
僕が体験した中でここは・・・と思ったことを上げていきます。

その1.
ブレーキが壊れる。
スイッチランディングミスって板が外れた場合、ブレーキは曲がってはイケナイ方向に力がかかります。
その耐久性がダメダメです。曲がります。
ブレーキが降りたままになり板装着しても引きずってました。

その2.
ブレーキ交換でダメージ
スキーのビンディングはスキー板に直接穴開けて木ねじで止めています。
このビンディングはブレーキとビンディングがひとつのねじで板に固定されています。
つまり、ブレーキを外すということは板に止めているねじを緩めるということになります。
板は木材ですので緩めたり締めたりすると傷んでねじが外れやすくなります。
滑走中にビンディングがもげたらと思うと・・・オソロシヤ><
ちなみにマーカー社のスクワイヤというビンディングであれば、ブレーキは板とは別のプレートに付いているので簡単に交換出来ます。

以上のことからブレーキが折れやすく交換もしにくいことが問題として上げられます。
しかし、入門用にそこまで要求するのも酷なのかとも思います。
ビンディングをスクワイヤにすると総額5万になるのでそれならスクワイヤのついた型落ちの板でいいやってなります。

ちなみに僕はスイッチランディングまともに出来てないです。
それさえやらなければトラブルはないので普通に良い板やと思います。

最後に、ロッカーじゃないのでパウダーやグラトリはしんどいと思います。
スポンサーサイト
2014-12-09 : フリースキー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

壱村

Author:壱村
奈良のアニメ好きなフリースキーヤーです。

1991年:スキー始める
2014年:フリースキーデビュー
2014年:艦これ榛名の痛板完成

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。