ようこそ。 ここはフリースキー、RCカー、チョコボスタリオンのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

オープン(かっとび)クラス用アンプ

comet.jpg

flow.jpg

こんなのをみつけました。

NOSRAM NO-90970 COMET HD

LRPのFLOWのOEMですね。ノスラムのん使うの初めてですが。
プログラマーなしでセット出来る楽なアンプです。
モーターはもちろんLRPのX12 17.5T。
買ったは良いが使い所がなくて眠ってたモーターです。
リポ+17.5Tで使います。
一応ブーストタイミングもいじれるのでKV値縛り有りの峠のスポーツレギュでも使えそう。

設定項目をHWのXerunV3と比較していきます。

モード1
ニュートラルブレーキですね。まんまです。

モード2
スロットルレスポンスの調整。上げ過ぎたら微調整できない。
スロットルEXPのようなもの。

モード3
トルクタイミング LRPでいう X12とX20の時のみ使用可能。
これだけは他のアンプについてない機能なのでどんなのか疑問でした。
#0と#5で比較してみました。
#0の時は普通のフィーリング。
次に#5で試す。スロットルを半分くらいしか開けていないのに#0の時よりも速い。
ニュアンスはスロットルEXPに近いです。上げるとスロットル下がじゃじゃ馬になります。
スロットルカーブではなく進角で弄ってるぽいので効率(?)が良いのかな?
元々パワフルなのでこの項目を上げたからパワーが上がるかというとそうでもないような。
とりあえずこの項目を足すとあまり握らなくてもモーターが高回転になるということ。
スロットル下の微調整がやりにくくなりますので好みのフィーリングの範囲で合わすのが良いでしょう。

モード4
ご存知ブーストタイミング。
モード5で設定した回転数から進角をつけていって最大何度まで足すかの項目です。
5度ずつしか選べないorz

モード5
何回転になったら進角足すか。
#6以上にすると5100回展から進角を足してくれます。ストックでは#6以上ということですね。
HWのV3と違うのはここ。このアンプは1000回転増える毎に何度足すかという考え方です。
この値は低ければ1000回転毎にちょっとずつしか進角足さないのでゆっくり加速していきます。
高ければ加速は良くなりますが低回転時にたくさん進角を足してしまいます。
進角は+につけるとトルクが下がるのでその分モーターに負荷がかかり発熱します。
丁度いい値を見つけないとダメですね。

モード6
フルスロットルにしてブーストで設定した角度まで進角が足されている状態(その回転数)になってから足される値。
伸びに関係している。
ビーストタイミングてなんぞやw
ちなみにターボスロープやターボエンゲージスロープは自分では設定出来ません。
アンプが自分で考えて自然なフィーリングにしてくれます。
この辺りは半分オートなんですよね。


実際走ってみましたが、パワフル過ぎて手に負えないorz
バッテリー充電直後だとストレートで吹け切れないくらい。フルブーストでもないのに・・・。
インフィールドではスロットル開けられない。
しかたないのでギヤ比下げてブーストも下げました。
X12との相性は最高に良いみたいですね。
僕はトルクタイミングはやりにくいので低めに設定しました。

HWxerunV3とプライムの組み合わせよりもパンチあるし速いのでオープンクラスではこっちのが良かったです。

峠スポーツは・・・。
モード4を#5にしてKV値合してモード5を#10にしたらそこそこパワー出るように・・・。
あれ・・・こっちで良いんじゃ;
2月はこいつでレース出ようかな。

スポンサーサイト
2013-01-25 : ラジコン : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

壱村

Author:壱村
奈良のアニメ好きなフリースキーヤーです。

1991年:スキー始める
2014年:フリースキーデビュー
2014年:艦これ榛名の痛板完成

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。