ようこそ。 ここはフリースキー、RCカー、チョコボスタリオンのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

遠征

兵庫県のRCパークBeetopsサーキットへ遠征。
渋滞で行くのも帰るのも3時間くらいかかってゲンナリ。

サーキット自体は出来たばかりで綺麗でした。
路面も目が細かいです。
でも日によって細かい砂埃がのっているようです。
土曜日は1日中そんな感じでした。
ラップ計測はAMBポンダーがあればオケー。
店長や皆さんは物凄く良い人達でした。
峠サーキットのことは知ってらっしゃいました。
ラジコン社会って面白いですね。

昨日は設置中で測定できず。
オープンクラスレギュで最高15.5秒。17.5Tとリポです。
プロポスイッチで測定なのでおおよそです。
アカン、全然駄目だ…。14秒代で走りたかったが腕が追い付かず。
タイヤやセッティング弄りましたが無理。
このサーキットで思ったのがケツが軽くて減速時に巻きそうになる。
これらはリヤトーを増やせば改善。
最後の方はスポーツレギュの速度に合わせて常連さんについていきました。
追い付けないorz
もっと走り込まないとですね。

スポーツレギュはだいぶ悩まれてました。
峠でも今レギュ選定なので参考にするために話を聞いてました。
このサーキットの案は
タイヤはタミヤならなんでも良い。
ホイール、インナー自由、
ノンブースト
モーターはタミヤ16T KV2650以下
17.5Tは検討中。
シャーシ自由 重量制限なし。
スケールボディでウイング自由。
17.5Tのが遅いのでどうするか考えられてました。

僕は参加するならスポーツレギュですね。
タミヤが多いのでエボ5持っていこう。
レイアウトはかなり面白かったです。

そしてこのサーキット…V系タイヤで走ると。
めっさ綺麗になります。
しわしわが取れてツルツルになります。


スポンサーサイト
2012-09-23 : BD-5 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

峠マジアタック・・・orz

今日でOKURE教授と峠で会えるのは最後。

なおじゅん師匠とは事前に連絡して峠へ・・・。
準備していると・・・なんともりやんさん登場。
マジでびっくりしました。
僕となおじゅんさんでヨコモ車二台
もりやんさんおBD7とBD5で合計4台のヨコモ車が峠に集結しました。
OKURE君は一人タミヤ車というマイナーな車使ってました(ぇ)

掃除終わって昼間のアタックでV36で19L6分9秒・・・いまいち。
路面が上がってないのか車が流れる。
次のアタックは目標5秒。

ここでなおじゅんさんから勝負の提案が。
もし僕が5秒出せなければなおじゅんさんの勝ち。
出せれば僕の勝ち。
負けた方がジュース奢るΣ( ̄■ ̄)
結果、19L6分4秒7 ギリギリ5秒以内。
なおじゅんさん、コーヒーごちそうさまでした。

この後はHPIシルバーに合わせてセッティング。
フロントダンパーは現状より一段寝かす。
そのまま走行後のバッテリー、タイヤで出たら19秒フラットのラップ刻んでました。
良い感じ。
次はこのセットでボロV32でアタック。
19L6分0秒 駄目だ20L乗らないよ・・・。
ここは1パックしか使っていないV32に壱式タイヤ削りをするしかない。
うろ覚えですが
20L6分16秒 ベストラップ18秒3
ここまで出ました。
ただし後半ダレる。モーターではなくタイヤ。
セットの見直しが必要。あと、握り過ぎた。
もうちょいで15秒だったのにな・・・。

峠限定の壱式タイヤ削りですが今日はなおじゅん師匠からも依頼がありました。
施して走って貰うと昼間から18秒3。ちょっと巻き気味でしたが;
更にもりやんさんからも依頼が・・・Σ( ̄■ ̄)
この後用事で帰ってしまったのですが結局もりやんさんのは効果があったのかどうか・・・。

なおじゅん先生は17秒6という脅威のタイムを出されていました。
速い人がBD7を操るともはや凶器。
帰る前に乗らせて頂きました。
感想は、めっさ転がる、曲がる。ターンが綺麗に決まる。
失速無く曲がっていく上安定しています。
緊張して攻めきれませんでしたがそれでも18秒7(走行後で)
恐るべし。早く届いて欲しい。
BD-5も路面に張り付くような走りでしたがそれをそのまま進化させたような感じでした。
なおじゅんさん、ありがとうございました。

OKURE君、今日でサヨナラか・・・。
また会える日を。
2012-09-19 : BD-5 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

去年のレギュ

スピード域が上がり過ぎたかもとのことで速度を遅く・・・。
月曜日にOKURE教授(プライム)に協力して貰いました。ありがとう。
彼は17.5T 僕は13.5Tです。
13.5Tの KV3600 ギヤ比6.0に合わすには
17.5Tの場合 KV2800 ギヤ比4.4でちょうど。

タイヤが何回転するか計算
13.5T (3600×6.6)/6.0=3960
17.5T (2800×6.6)/4.4=4200
計算上は17.5Tのが速いはずですがこれで丁度でした。
パンチに関してはこのギヤ比だと13.5Tのが圧倒的に上です。
17.5Tは他のモーターでどれくらいスピード出るか検証が必要ですね。

13.5T の6.0だと・・・かなり遅い。
昼間はグリップ剤なしだと19秒代出すのがやっとで19ラップ入れるのに一苦労。
V32だとグリップ高いのでなんとか・・・。
5.5Tにするとうーむ。ちょっと速いかな。
4.5にしたら・・・めっさはえええ。遅いのに慣れていきなり速くするとこんなにも違うのか。
この日はそこそこグリップが高くて今のレギュだと20L6分16秒 18秒6が最高でした。
遅いのやったり速いのやったりで感覚がおかしくなってましたね。

去年のレギュで17.5TのOKURE君とチキチキしてました。
かなり接近して走れます。接触しても挙動はあまり乱れないので結構攻められます。
ただお互い速いのに慣れてるのと上達したせいか全然乱れないwww
これはこれで前に出ると抜けなくなる。
煽ってミスを誘発させるには減速ミスったら修正が効かないグリップにするか速度を速くするか。
速度を速くすると今のレギュのような惨状になります。
僕は結構この速度好きですが結構厳しいのかな。
グリップ落とそうということでこの日はグリップ剤なしでいきました。
V32のグリップ剤、ウォーマーなしだと
19秒3が限界でした。OKURE君は19秒5
周回は
僕が19L13秒 彼は19L16秒でした。グリップ剤、ウォーマーなしです。
二人して糸がはみ出した穴開きタイヤで遊んでただけなのでタイムはアレですが・・・。
以前のレギュでも速い人は19Lシングルいってたはず。
グリップ剤なしウォーマーなしなのでバッテリー充電出来たら検証で猿ラジ状態w
一日で300周くらいしましたよwタイヤも破けまくり。


レギュに対しての案
①ギヤ比6.0 KV3600 13.5T(ヨコモゼロのみ) ギヤ比4.4 KV2800 17.5T(モーター自由)
重量1400g
今のままではタイヤグリップ過多なのでグリップ剤、ウォーマー廃止のクリーナーのみを提案。
グリップ剤やウォーマーへの投資がなくて済むので敷居は低くなるはず。
重量を以前のにすることでバスタブ車でも戦えるように。
ただ重量1400だと、他から来る場合はバラスト積まなくてはならない。

②ギヤ比5.7 KV3600 13.5T(ヨコモゼロのみ) ギヤ比4.0 KV2800 17.5T(モーター自由)
重量1350g
速度はやや速い状態で飽きないように。
20Lも狙える絶妙な速度域。
ちょっと速いかも・・・。

日曜日に検証したレギュでは13.5Tの6.0よりは速かったので微妙な所。


2012-09-12 : BD-5 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

お別れ…

天気が晴れとか次のレースがBD-5の最期です…。
こいつのおかげで劇的に上達出来ました。良いシャーシです。
最後に最高の結果を残せたら良いなぁ。

BD-5と出会う前はタミヤ勢でしたがウータンさんに売っていただいたのがきっかけで今ではヨコモユーザーに。
BD7に魂が引き継がれますように。

明日の準備。
ダンパーメンテ&タイヤ作り。
天気が晴れなのが厳しい。
20L入れるにはV36要るかな。
もう少し曇っていてほしかった。
2012-09-08 : BD-5 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

最終調整

BD7が出るので今のBD-5は統合して使うことに。
調子の良いひでぼんさんから売って頂いたBD-5WSに使える部品を移植。
摩耗していたサスマウントやフロントギヤデフ、ダンパー等を移植してひとつのマシンに。
すいません、ヨコモ勢とか言っときながらモーターはプライムです。

今日はそのマシンの調整に行って来ました。ずっと曇りでした。
13時頃に到着、普通に走らせてみましたがいきなり19秒0出てびっくり。なんだこれ?
そういえば重量測ってなかったなと思い量ると1380g(汗)
ヒートシンクやセンターウェイト付けたままでした。
んでセンターウェイトとバラスト外して1360gくらいにして走ると
???曲がらない。車が軽すぎてロールしてないようなそんな感じ。
19秒3くらいにタイムダウン。
もとに戻すとタイムも戻る。
センターウェイト付けたまま1360gにしてもタイムは良い状態。

これは・・・

orz

今まで重いからとセンターウェイト外してたのは失敗でした。

とりあえずは一個改善点が分かったので再度HPI前後シルバー(新ロット)でセット出しすることに。
・・・が、前回気付かなかったけどこのバネ全然コシがない。
エックスギアよりも初期と後半が柔らかくてロール過多に。前回より酷い。
んでステア切ると大幅に失速。
そのくせ後半曲がらなくて待たないといけない。
時間がないので今日は諦めてエックスギアで。
旧ロットのようにはいかない。
バネの硬さは前後一段柔らかくしました。
前ミディアム→ミディアムソフト
後ミディアムソフト→ソフト
15時頃に良さ気なV36使って本気アタック。
今日は曇ってたので路面は良かったです。
んでV36よりは本当はV32のが良いです。
でもかなり摩耗したのしか残ってなかったので。

DVC00246_20120906193020.jpg

20L 6分18秒037 ベストラップ18秒705
後半にベスト出てるし・・・。これはモーターの進角は最マイナスで、ギヤ比3.25でした。

今日試したかったのはもうひとつ。

リヤトー

今は3.0度。前回までは3.5度でしたが加速がもたつくので3.0度にしています。
では2.5度にしたらどうなるのか。
1ラップ目等のタイヤが元気な状態だと巻き気味になります。
急にステア切ったりするとリヤが流れてトラクションが抜けてロスになります。神経質です。
これは気をつければ良い範囲。
トップスピードや加速は・・・正直分からない。

リヤがかなり軽いのでタイトコーナーとかは抜けやすいのですがトラクション抜けで加速がもたついて勿体無いんですよ・・・。
もうひとつ試したのはボールデフ。
リヤが重くなるので最近はギヤデフでしたがもしかしたらと思い試してみました。
んでギヤ比は3.3まで落としてみます。結果↓
DVC00247_20120906193020.jpg
20L6分17秒135 ベストラップ18秒666
後半伸びてないのが気がかりですが・・・。
ボールデフにしたことで挙動は安定したのと温度による特性変化がなくなったのはよしとします。
ストックレースの場合ヨコモのボールデフはきちんと作ればギヤデフより長持ちするので好きなんです。
トラクション抜けもなくなったのでボールデフでレース出ます。

ギヤ比に関しては路面が良ければ3.0。 悪ければ3.3といったところ。






2012-09-06 : BD-5 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

壱村

Author:壱村
奈良のアニメ好きなフリースキーヤーです。

1991年:スキー始める
2014年:フリースキーデビュー
2014年:艦これ榛名の痛板完成

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。