ようこそ。 ここはフリースキー、RCカー、チョコボスタリオンのブログです。

日曜日の出来事

BD7 2014は絶好調です。
バランスが良くなったのとステアの改善で回頭性が良くなりタイム更新しました。

ベストラップは19秒5まで更新。
一応峠スポーツのレコードです。
上位陣が来ないので何故か僕がレコード保持者にw

さて、BD7 2014は最強というのは置いといて。

この日は朝行ってみると店長がぽつんと焚き火して待ってました。
もしや遭難orz
店長曰くこの前の3日にノンブーストでやったらしいのですが店長やU田さんはいまいち伸びず、びす太先生だけめっちゃパワフルだったらしい。
アンプ設定もいじったのに何故状態?
アンプ設定でノンブーストなので何もないはずなんやけど・・・。
U田さんはモーターの進角が最低になってただけでした;

しかも店長のマシン、去年から絶不調のマキマキorz
楽しく無さそう・・・。
誰も見ないのだろうか。
お世話になってるしちょっと見て治りそうならと見さして貰いました。

まず、センサーケーブルのうちひとつの線が断線。
パワーがないのはこのせいかも。
交換。
アンプのスイッチ入れるとガガガ・・・。
スロットルのニュートラルがずれて前進してる・・・。
ニュートラル合わし直し。
もしかしたら全開になってなかった?
んでついでにステアトリム見たらサブトリムもメイントリムも右に全振り!?
戻したらステアが左にめっちゃ触れてたのでサーボホーンとターンバックルの長さ調整して左右の切れ角も均等に調整。
ステアタイロッドも左右で長さ違ってたので合わし直す。
店長にやって貰ってましたが途中から僕がやることに。

そんなことしてたら昼に・・・。
店長は飯食いに帰ったので僕はせっせと店長のマシンの修理に勤しみます。
ステアの変なのも直ったので足回りのアライメントを直していきます。
リバウンドを見ます。ドループで計測すると。
前が9mm 10mm ちょっとずれてる
後ろが 4mm 5mm ぼよんぼよん ・・・なんぢゃこりゃああああぁぁぁ!

前9mm 後8mmに合しました。

車高も前5mm 後5.2mmに合わす。

ここでダンパーも真ん中から二番目にしてやや寝かせ気味にします。
こうすると初期が柔らかくなりバンピーな峠路面を追従するようになります。

試しに自分のバッテリーで走らせると巻きはなくなり普通に走るようになりました。
うん、問題なし。
20秒5まで行ったしそこそこ。
U田さんもご満悦。

その後ダブルユニバをプレゼントしてガリガリ現象を緩和したら問題なく走るようになりました。
店長はゴキゲンでした。
が、マシンが荒ぶり過ぎ!?
店長も20秒フラットまで行ったし良かったかな。
この日は何しに行ったんだっけw

Y★弟さんに抜かれないようにタイム更新しときますね。
19Lシングルが目標。
スポンサーサイト
2014-01-14 : BD7 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日曜日は・・・

BD7 2014 ブラックエディションのシェイクダウンです。

レースはスポーツレギュを開催予定です。

モーター 17.5T(原則JM公認のん)
バッテリー LIPO
ギヤ比 フリー
KV値 フリー
ノンブースト(アンプのLED点滅で確認)
重量 1380g
タイヤ 采V32 36 40
インナー 采ミディアム
ホイル 采 ゼノン ヨコモ(HP記載)


僕は モーターはLRPのX20 17.5Tで行きます。

ツーリングやろうぜ!!
2014-01-11 : BD7 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ニューレイアウト

atop.jpg

レイアウトはシケインっぽいのがあり、切り返しもあるタミグラっぽい感じになりました。
直線が物足りないかと思いましたがスポーツくらいの速度ならこの方が楽しいです。
かっとびではすぐストレートエンドですが。
それでもストレートはそこそこあるはずです。

僕はツーリングオンリーなのでかっとびやるかちょい遅めのスポーツをどうするかで悩んでました。
来年度やるようのレギュでどうするか・・・。
マンネリしているスポーツレギュ。
出来れば固定化したい。
かっとびはもう固定なのでおいといて・・・。
かっとびを上位互換にできるようなレギュとなると。
やっぱノンブーストしかないわけで・・・。
無難に17.5T(JM)+リポ ノンブースト
ギヤ比 KV値はフリーとなりました。
車重は1380gです。 JMのレギュが変わったら車重は変更となります。
17.5TのJM以外は峠人に普及しているトラックスターやらX12のJMじゃないのんとか一部だけ許可で良いのではないかと店長と相談して決めます。
一応普及している17.5Tとリポを使うのまでは決まったのでそれ以外は4月までに・・・。

んでこのレギュがどーなんかということで試してみました。

このレギュでの方向性は2つ
・トルク型モーターでギヤ比3.0くらいでぶん回す。
・回転型(超進角)モーターでギヤ比緩めで回転で回す。

僕はモーターをLRPのX20にして
・最低進角でギヤ比3.09
・進角MAXでギヤ比4.45
このふたつを試しました。
前者はモーター温度が70度を超えて加速もブレーキフィールも最悪。
スカスカで面白くない。
後者はパンチも聴いて温度も多分50度以下。

このモーターでは回転で稼ぐのが良いことが分かりました。
ギヤ比4.5付近でも余裕があり、しかも速い。
もっと詰められそうでした。
しかし、ギヤ比かければ熱でダレるのでどの道限界は訪れます。
そこを探るのがこのレギュの楽しみでしょうか。

DSC_0269.jpg
18周6分2秒347 ベストラップ19秒646

一応このレイアウトでアタック。
19周入らず・・・。

びす太さんにもX12で同様のギヤ比にして貰い走ってもらいました。
お借りしてX12でどんな感じか見させてもらったところパワー感は変わらず。
20秒2まで出ました。T4ご馳走様でした。

F1の方はなんか苦戦されてました。
レイアウトがブレーキ多用するようになってるので二駆だと厳しいのかな。

DSC_0268.jpg

というわけで何故かレコード保持者になってますw
一瞬で塗り替えられると思いますが><
2013-12-10 : BD7 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Beetopsのセットで峠サーキット

今日はノンブーストのセッティングを試すために峠へ・・・。
店長にも確認したがどうも峠スポーツクラスに変わる何かを発掘したい模様。
店長、びす太さん、僕でやるみたいです。
個人的には峠でかっとびレギュに慣れて貰えれば一番ありがたいのですが。

ノンブーストはアンプのLEDの点滅で判断します。
ブーストターボを全部切ると点滅します。

僕は17.5T+リポでやります。
重量は1380g
モーターはプライムV3(ノンブースト対応)
確か0~30度くらいついたはず。
このモーターは一番マイナスで0度なんです。
ギヤ比は3.3+フル進角でテスト。

めっさ速い><
でもパンチなくてすぐタレる。
燃えそうなので止める。

ギヤ比そのまま進角最低の0度でやる。
さっきより良いけどブレーキきかないし加速悪いので止め。

ギヤ比をもっと下げて4.5くらいにしてフル進角にしたいのです。
が手持ちスパーは78とピニオン33のみ
ギヤ比4.72でテスト。

普通過ぎる。
13.5T+リフェ KV値3600以下 ギヤ比4.5 と同じかちょい速いくらい。
リポなのでバッテリーによるタレはほとんどなし。
ギヤ比4.0代では余裕なのでもうちょい上げて負荷かけても良さそう。
結果としてギヤ比で稼ぐよりは進角つけて回転数上げてローギヤードのが良かったです。
後は温度と伸びが丁度いい所を探るだけですね。

このレギュの楽なところはブースト設定で悩まなくていい所ですね。
あと、チャンプへそのまま持っていける。

セット自体はHPIのピンクシルバーで前回のブログにお書いた通り。
フロントだけギヤデフにしています。

多少跳ねる感じはあるもののまともには走れました。
ただ、峠でやるならバネはエックスギアかなぁといった感じ。

DSC_0006~01
今日のベストタイム。 ベストラップは18秒7止まり。
モーター温度はかっとびと変わらず。
ノンブーストでも結局温度は70度以上になりますね。

夕方のゴールデンは確かに存在しました。
最近路面がおかしいのは多分白カン路面のせい。

個人的にはオープンレギュが一番楽しいです。
かっとびが流行ることを祈って・・・。
2013-07-09 : BD7 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

久々のツーリング in Beetops

ツーリングがしたーい!!!
ということで前日から泊まりがけで兵庫Beetopsさんまでプチ遠征行って来ましたよ。
逆周りになったりパイロン増えてたりで難しい・・・。

2日で攻略できるのかコレ(汗)
前日はコース慣れする為にひたすら練習。
ベストラップは14秒6までいきました。
13秒は無理www
グリップ剤切れると15秒前半しか出ない。

セット
ダンパーオイル
前450後400
ピストン系1.1mm
プラダー白Oリング2個
ダイヤフラム黒

スプリング ライドグリーン

ドループ(サスピン
前10mm
後8.5mm

車高
前5 後5.2

ハイトラクションアッパーデッキ使用
サスマウントは一体型使用

ギヤ比6.5

モーター:X20
アンプ:ノスラムコメトHD

フロントスプール リヤギヤデフオイル2000#

キャンバー前後2度
アッパーアームスペーサーなし

特に問題なく普通には走っていました。


次の日
朝からゴールデングリップ。
でも昼の猛暑で路面温度熱々。
ずるずるでした。
予選一回目はコケて駄目駄目。
2回めはタイヤ処理ミスで滑りまくり撃沈。
結局Bメイン6人中4番スタート。

なんと3番手の人はTA06での参戦。

グリッドは
   1位
2位
   3位
4位

といった具合で偶数順位が内枠なのでロケットスタートしたらインを取れます。
ですが前の人がインへ切り込んできたら・・・。
迷った結果中途半端なスタートに。
ぶつかりそうになって避けたらスタートでイン側フェンスに乗り上げて上を滑ってしまいました。

そして最下位からのスタートにorz

タイヤにゴミついてずるずるで最悪の展開です。
ですが何人かをパスして追い上げていき4位まで復活。
前のTA06の人は目前。
ペースはこちらのが上ですが前の人は上手くてミスらない・・・。

くっついていって直線で二人共フルスロットルになった時事件が。

向こうの直線速度が遅く、一瞬で追いついてしまい追突寸前に。

ブーストを上げてなかったのでしょうか・・・。

こちらは直線でフルブレーキして衝突を回避。
しかしまた差は開いてしまいました。

・・・と思ったら何故か第一コーナーで向こうの人もミスっててそこを抜き去り3位でゴール。
狙ってないですがプレッシャーかけることに成功したのか!?
直線半ばでブレーキしたし当たってないのでバッドドライブにはなってないはず・・・?
ただ、追突の危険があるので直線スピードの差は頭に入れようと思いました。
事故防止とあわよくば直線でぶち抜く算段を。

レース後はレコードラインを探るためにひたすら走りこみ。
そして慣れるための練習。
セットは色々なやみましたが
フロントHPIピンク 
リヤHPIシルバー
これが手持ちでは一番感触が良かったです。

ベストラップは結局14秒5止まり。
もうちょい回頭性が上がれば良いなと思うのと、
パワーがあり過ぎて立ち上がりで少し不安定。
そこさえ改善すればもっとタイム出るはず。

最後のじゃんけん大会ではマツダスピード6当たった。












2013-07-08 : BD7 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

壱村

Author:壱村
奈良のアニメ好きなフリースキーヤーです。

1991年:スキー始める
2014年:フリースキーデビュー
2014年:艦これ榛名の痛板完成

検索フォーム